FC2ブログ

本日2回目の投稿・・・

やればできる子 ・・・ サオリンシャッチョさん ・・・

なんてったって ・・・ アイドル と言い鯛~ところですが ・・・

なんてったって ・・・

明日は 『  第6回 小倉ゲートボール檜扇杯 総合大会  』 です犬~

6年目に なる ということは

会員のお兄summer も お姉summerも 6年お年を重ねていらっしゃいます

20代 30代 40代 etc.が 6年お年を重ねることとは 大きく違います

な ・ の ・ に ・・・

変わらずの元気はつらつのプレーをしてくださいます

変わらずの笑顔いっぱいで迎えてくださいます

明日を 心待ちにしとるけんな ~ と 皆summerおっしゃってくださいます

餅のロンロン

シャッチョさんはじめ チーム小倉 今年こそは 今年こそは 今年こそは

優勝を目指して  ・・・  とは 言いま千円  ・・・

1勝を目指して (笑)  がんばり マウス ~ チュウチュウ

皆summer が 幸せいっぱい ほっこりいっぱい 笑顔いっぱいの 1日であられますように ・・・

そんな明日を思いながら 本日の朝焼けに こころ 癒されましたY


はぃ。ジャガジャン

DSC_4086.jpg

はぃ。ジャガジャン

DSC_4091.jpg

はぃ。ジャガジャン

DSC_4088.jpg

さぁ ~ 第6回 小倉ゲートボール檜扇杯 総合大会も

とにかく楽しむ とことん楽しむ を合言葉に

エィ !  エィ  ! ・・・ オェ~ ( ̄▽ ̄) ニヤリ ・・・

○○先生 ・・・

愛してやまないチーム小倉の社員さん パートさんたち

今日もいつも通りの一生懸命のお手伝い 業務につとめてくれています

ホントニほんとに本当にドォモありがとうございマウス~チュウチュウ

先日の 小倉聖苑本町ホールでのお手伝いをさせていただきましたご当家 ・・・

シャッチョさんが小学校3・4年生のときの担任○○先生のお旅立ちでした

○○先生のご子息 ○○君は シャッチョさんと同じ高校で1年生のとき同じクラスでした

○○先生のご訃報を聞き ご自宅にご挨拶にむかうと

玄関先で  ○○君の姿が ・・・ ○○君 ・・・

「 小倉さん ・・・ わざわざドォモありがとね ・・・ 父が急にね・・・ 父は何かあったら

 早織さんとここで といつも言ってたから ・・・」 そう穏やかに優しい口調で話してくれる○○君は高校時分となんら変わりなく

ただ ○○君の目は真っ赤で ・・・ そんな○○君の腕をさすることしかできませんでした

家に入ると

○○先生の 奥様が ・・・

ご挨拶をさせていただくと 奥様も ○○君と同じように 穏やかに優しい口調でお話してくださり

ただ ○○君のお母様 こらえきれない涙でいっぱいで ・・・そんなお母様のお背中をさすることしかできませんでした

そして お布団で 安らかにお眠りになられてます ○○先生のお姿を

○○君と お母さまと一緒にこころにやきつけながら

昔のお話だったり 最近の○○先生のお話だったり

穏やかなやさしい空気のなか たくさんしていただきました

○○先生には 本当にかわいがっていただきました

○○先生は シャッチョさんのこころの部分までしっかりと見てくださっていました

○○先生は オグゥ←当時のあだ名です ばかりひいきしてると よく言われていました・・・微笑・・・


○○先生のお旅立ちの日

たくさんのたくさんのたくさんのかたのお参りがありました

○○先生とのお別れは

ご家族ご親族の たくさんのたくさんのたくさんの

ありがとうと涙でいっぱいの空間となりました


○○先生 ホントニほんとに本当にありがとうございました

第1回 秋の聖苑祭 ・・・プロローグ ・・・

またまたまたまたまた・・・

気が付けば・・・・・・・・・

10月・・・ 神無月ですY ・・・ OCTOBERです犬 ・・・

やっぱ~ お・さ・ぼ・り・・・や~んってそこの貴方に貴女の大きな声が聞こえマクリング~( ̄▽ ̄)です犬・・・

♪い~つのことだか~ お ぉ も ぉいだして ご~らん ・・・ ♪

ってことで

9月には 初めてのイベント

『 第1回 秋の聖苑祭 』 開催いたしました ・・・

このイベントを開催するにあたり ・・・

メインテーマをきめました 

このイベントに 大きな思いを込めました


【 か ぞ く 】 をメインテーマに ・・・


ご先祖様からはじまり 親から子へと 命は果てしなく受け継がれ 今の自分がいます

この尊い命の伝達のなかで 生きている生かされていることに感謝の想いを こころに留めること

それがまずもってのわたくしたちの使命であると思います

そしてその使命は どこから生まれるか・・・ まさしく 家族とのかかわりです

その家族とのかかわりを より深いものにしてもらうために

その家族とのかかわりが あったかく笑顔あふれる瞬間にしてもらうために

家族を メインテーマとし様々な企画を計画しております

また 家族とのかかわりが単に楽しかった 面白かったで終わることではなく

親も子も 学びの場になること

こころが豊かになることをも 企画のなかでは大切にしていきます

例えば ・・・

日本人としてたくさんの古きよきもの 伝統文化であったり 芸術 音楽 スポーツ 

そして日本だからこそ 四季の移り変わりを 身体でこころで感じてもらう

例えば ・・・

この愛媛県の郷土ならではの 工芸文化 郷土料理にも家族でふれてもらい

改めて 愛媛県の善さ等々を 身体でこころで感じてもらう

親子で もちろん おじいちゃま おばあちゃまも一緒になって

受け継ぎ 伝えていく 懸け橋になる企画を提供していきます

葬儀社だから お伝えできること

葬儀社だから 皆様から たくさんの教えと学びの場をいただきたく

この企画を続けてまいります    


                                      株式会社小倉葬祭社

                                           代表取締役 小倉 早織


ご夫婦の深い絆 ・・・

またまたまたまたまた・・・ お・さ・ぼ・り って そこの貴方に 貴女の声が

とてつもなく 聞こえてまいります

ながつき で ございます

せぷてんばー で ございます

9月で ございます

こんな サオリンシャッチョさんですが ・・・

こころは 想いは 『  愛してやまない小倉葬祭社 さおりん日記  』 にございます犬 ・・・

ご寛容なおこころで 見守っていただければ 幸いでございます犬 ・・・


昨年から ある病院前で 何度か お会いしておりました

出勤に徒歩って行っている中 

「 お~ 早織ちゃん 気を付けての~ 」  と 車椅子の奥様に寄り添い 手を振ってくださいました

○○様 ・・・

数年前にご退職され たまに ご会葬にこられた折に ご挨拶するくらいで

この病院前でのほうが 印象に残っているほどでした

奥様のご様子が芳しくないことは聞いておりましたが ・・・

奥様のご訃報を受け まずご自宅にご安置をさせていただき ・・・

会館にお入りになられた

○○様に ご挨拶に参りました

○○様が 現役真っ只中の折 様々な会合で ご一緒し 何かと気にかけてくれ
お話もさせていただいておりましたが

その時分の○○様の顔つきであったり 表情であったり
まったく 正反対の ご様子で いろいろなお話をしてくださいました

ご退職後は
ご病気を患っていらした奥様と2人きりで日本各地たくさん巡られたそうです

まだまだたくさんのところを何年もかけて巡ろうと思っていらしたそうです

そんな矢先の奥様のご入院 
この1年以上 毎日奥様の病室に通われ 逆に 看護師さんたちと親しくなりすぎたのは○○様だったそうです

お仕事で一生懸命っだった日々 奥様はなにも 言わず支えてくれていたそうです

転勤が多い○○様に 奥様はなにも言わず どこにでも一緒についてきてくれたそうです

そう話してくださる ○○様のお顔は ほんとうに本当に お優しい過ぎる表情でありました

そんなご表情の○○様を 現役時分には拝見したことがなく 

大変固い表情のなかにも ふと 見せる微笑みに ○○様の深い優しさを感じずにはいられなかったことを覚えています

○○様の中には 大きな無念も 大きな後悔もあられることでしょう ・・・

でも 奥様にとって

○○様が ずっとずっと毎日毎日 一緒にいてくれたこと

○○様が 「 俺の嫁やけん きれいにしてやってくださいね 」

○○様が 「 俺の事思って 苦しむことなく旅立ってくれたんや 」

その思いと そのおこころと そのお言葉が 一番の生きる糧となり 一番の安らかなるお旅立ちになることと

感じずには 思わずには いられません 

○○様が 3人のお子様方が 愛してやまない 奥様 お母さまは

大きな空となり
明るい太陽となり
優しいお月さまとなり
静かなお星さまとなり


愛してやまない○○様を 3人のお子様方を
お見守り続けられることでしょう ・・・

○○様と 奥様の 深い深い絆に シャッチョさんのこころは とてもとても

あたたかいものでいっぱいになりました ・・・

DSC_3761.jpg

来年また・・・会おうね ・・・ 

愛してやまない小倉葬祭社さおりん日記をご覧くださってます

そこの貴方に 貴女 ・・・

いつもいつもいつも ほんとにホントニ本当にドォモありがとうござい マウス~ チュウチュウ

おっとっと ・・・ 久し 鰤ではあ~りませ~んか っと

思っちゃいましたよね よね よね ・・・

ふっふっふっ ・・・

ごめんな鯛 (´;ω;`)  あやまるんか~い ・・・ ズコッ 

そんなこんなの ・・・

皆様にお伝えしたく ここに綴らせていただきます犬 ~



先日の正宗寺様の御施餓鬼法要

今年もお手伝いをさせていただきましたこと
こころから厚く御礼申し上げます

ご住職様、奥様はじめ総代皆様方

お檀家様そしてお寺様方のご案内
お接待にホントニほんとにお忙しいなか

今年も 弊社staffにまでたくさんのお気遣いに労いにと賜り 感謝感謝大感謝でいっぱいです

今年もたくさんの学びとたくさんのホッコリをいただきました

ホントニほんとに本当にドォモありがとうございました

そんななか法要も終わりお墓参りを済まされた檀家様をお見送りしていたら

『早織ちゃん?』と お母様とご一緒の女性から声をかけられました

『えっ?はぃ。早織です』と 。すると

『◯◯子。△△◯◯子。覚えとる?』

『え~✨◯◯子ちゃん~。久しぶりぃ~』

中学校以来なので………もはや四半世紀以上ぶりです………

御施餓鬼法要に来られたお母様が
早織ちゃん、社長になってたと ◯◯子ちゃんにお話してくれてたそうで。

◯◯子ちゃんは結婚して関西に…
でも彼女の口から

『早織ちゃんがお手伝いしてるって聞いて会えたらなと思ってたの。初めてお参りに来たんだけど…来年、また来るね。来年…また会おうね
』と。

とってもとっても嬉しい言葉をかけていただきました
見つけてくれて
声をかけてくれて
ホントニほんとに本当にドォモありがとね

【来年また…会おうね 】

この御施餓鬼法要で

ご先祖様が故人様が 大切なご家族に

ご家族が 大切なご先祖様に大切な故人様に

【来年また…会おうね】

と声をかけていらっしゃるご様子が目に浮かびました…………
sidetitleプロフィールsidetitle

さおりん

Author:さおりん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
6276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
228位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle愛してやまない小倉葬祭社!!さおりん日記sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR