伊予十二薬師霊場夏越大祭 ・・・ PART2

えっえっえっえっえっ ・・・

じぇじぇじぇ ・・・

って思ったそこの貴方に 貴女 ・・・ PART2 いっちゃいます Y

シャッチョさん やで ~ ・・・ by 原西summer 『 俺やで 』 バージョン ・・・ ( ̄∇ ̄)ニヤリ

【  伊予十二薬師霊場夏越大祭  】

ここで ・・・ 伊予十二薬師霊場に ついて 

伊予の地は 日本最古の温泉を有し 

海の幸山の幸に恵まれた気候温暖にして 人情深い土地柄です

そこには 古来病を除き死を遠ざけ 此の世の苦しみを救って下さる仏様として

お薬師様の信仰が厚かったことが古記にも見られます

お薬師様は日光 月光両菩薩を始め十二神将を眷属になさり 

別名を 『大医王(だいいおう)』 と継承されますように“十二”の大誓願を立てられ

なかでも 『あらゆる心身の病をことごとく除く』 ご利益は名高く霊験灼かでございます。

曹洞宗 伊予十二薬師霊場第八番札所

五岳山 雲門寺   ・・・ * 雲門寺様 ホームページより抜粋





そ ・・・ ズコッ ・・・

間違えましたY

なるほど ・・・

お勉強させていただきました ・・・

地元での 

様々なお参りのかたち

様々なご供養のかたち

様々な祈り願いのかたち

この 貴重な空間に

皆様とご一緒させていただけたこと

皆様とご一緒に手を合わさせていただけたことに

改めて こころから 心から 感謝をいたしました

さぁ ~ そこの貴方に 貴女 も 昨日のさおりん日記を 想いだしましたか

ご法要後 雲門寺ご住職よりご挨拶を ・・・

はい。 ジャガジャン

DSC_0177.jpg

それでは 護摩焚き法要にとご移動をと ・・・

ご住職 ・・・

檀家summer ご参拝の皆summerの 階段でのお足下に

くれぐれもご注意をと たくさんのご配慮をされておられました

はい。ジャガジャン

DSC_0179.jpg

はい。ジャガジャン

DSC_0186.jpg

護摩壇にて ・・・

DSC_0187.jpg

はい。ジャガジャン

DSC_0189.jpg

DSC_0191.jpg

DSC_0194.jpg

DSC_0196.jpg

ものすごい 勢いで 煙もあがってきてます 犬  ・・・

はい。 ジャガジャン

DSC_0202.jpg

火の勢いも 落着き まんべんなく 火がまわってきたところに

皆様の祈り願いの 書かれた 護摩木が 燃やされていきます


DSC_0203.jpg

ご住職方の ご読経も

この護摩壇の煙とともに 天高く 響き渡っています

DSC_0207.jpg


皆様の祈り願いの 書かれた護摩木もすべて燃やされ

はい。ジャガジャン

1406011669427.jpg

輪越にと ・・・ そしてそして お餅まき

1406011694976.jpg

この2枚の写真は 岡田さんが送ってくれました犬 ・・・

岡田さんドォモありがとね

無事 この 大祭も終了し

ご住職方 総代様 檀家様 ご参拝の皆様 の 

にこやかな 微笑みであったり あったかな 笑顔に

大切な大切な 守り続けていく 地方の ううん 日本の 宗教文化ということを

改めて 認識させていただきました

まさしく こころ の部分 

この世に生まれたことに この命があることに 日本人であることに

改めて 誇りに思いました

そんな こんなの 

はい。 ジャガジャン

DSC_0208.jpg


もらったもらった言うたら いけませんよ シャッチョ ~

はい。ジャガジャン

DSC_0214.jpg

岡田さんに

シャッチョに 渡してくださいね

これは わたしが 自分の手で シャッチョのために取った お餅です 犬 ・・・

○○寺様 ・・・

本当にほんとにホントに ありがとうござい マウス ~ チュウチュウ

確実に シャッチョさんの手元に届きました犬

早速 いただきました犬 ・・・

飴ちゃんもいただいたこと  あっ ・・・ 冷たいアクエリアスも いただきましたこと

誰にも 言ってま 千円  ・・・  

ってか  バレバレ や Y  ・・・ 失敬失敬 ・・・
スポンサーサイト

伊予十二薬師霊場夏越大祭 ・・・ PART1

愛してやまないチーム小倉の社員さん達

昨日から 準備にと

そして今朝も朝一に 最後の仕上げにと

【  伊予十二薬師霊場夏越大祭  】

雲門寺様で 一生懸命のお手伝いに努めてくれました

暑い中 本当にホントにほんとに お疲れsummerです

本日のご法要 15時~ ということで

朝の最後の仕上げの報告を

担当の岡田さんから 写真付きで送ってくれました

ドォモありがとね

でででででででで

シャッチョさんも 15時~のご法要前に 雲門寺様に向かいますと

岡田さんに伝え

14時過ぎに本社を後にし ・・・

はい。ジャガジャン

DSC_0174.jpg

はい。ジャガジャン

DSC_0173.jpg


はい。ジャガジャン

DSC_0164.jpg


はい。ジャガジャン

DSC_0169.jpg

総代summerはじめ

檀家の皆summerがたが 駐車場から受付から

ご参拝の皆様のために

ご案内に 暑さしのぎのために

一生懸命努められておられます

本堂では

雲門寺ご住職奥様 お嬢様 ご住職妹様が
ご参拝の方の納経帳をお預かりしたり
いろいろな応対に
温かい笑顔でもってお勤めされておられていました

シャッチョさんも ご挨拶をさせていただいたところ
感謝の思いと あたたかい労いのお言葉をいただきました

こちらがお手伝いさせていただきましたこと
こころから 心から感謝申し上げます


はい。ジャガジャン

DSC_0175.jpg

ご法要が開式となりました

日差しが照りつける中

たくさんの お檀家様

たくさんの ご参拝の皆summer

境内に 深く深く響きわたる

ご住職方のご読経に

耳を傾け お手を合わされておられます

そんな 本堂前には

はい。ジャガジャン


DSC_0165.jpg

こころほっこりになる

お接待のおこころが ・・・

手作り感が 温かみが ありますよね

お茶と お菓子の詰め合わせです 犬  ・・・

このご法要のあとは

護摩壇にて 護摩供養が営まれます

このつづきは 明日 ・・・

明日 ちゃんと 書いてくんさいよ ~

って 思いましたよね  ・・・  そこの貴方に  貴女  ・・・

それは ・・・ 秘密の  ・・・ 華  くそ  ~  ズコッ ・・・




皆で共有すること ・・・

シャッチョ ~

本当にほんとに 小倉が大好きなんですよ

シャッチョ ~

本当にほんとに 小倉で働くことできて嬉しいんですよ

・・・

小倉をおじいちゃまの時代から70年

支えて応援し 愛してくださる

お寺様のお言葉

個人商店と 会社組織を両方持っているのが 小倉葬祭社

皆summerの

皆の 

言葉が こころに たくさんたくさん 響きました

言葉が たくさんたくさん 感謝と励みになりました

・・・・・・・・・・・

シャッチョさん ・・・・・・・・・・・・・

やったる Y  ・・・  え~ そこっ  ・・・  失笑

本当にホントにほんとに

ドォモありがとうございました ・・・

皆summerと 共有できた

この時間は かけがえのない

大きな大きな 宝物の時間となりました  ・・・  犬  ・・・


チーム小倉納涼会 ・・・

皆summer ・・・ 間違えたY ・・・ とは言ってません犬 ・・・

皆様 今日も1日 お疲れさまでした

本日 小倉葬祭社納涼会ということで

2014年 折り返しのこの時期に

前半の

チーム小倉の皆さんの

いつも通りの一生懸命の業務に 対し

労いと感謝を込めて

そして 

後半に向けて

更に糧になっていただけるようにと

この会の開催の運びとなりました

また本日は 常日頃から

大変お世話になってます方々にもご出席いただき

厚く御礼申し上げます

このあと専務から皆様のご紹介をさせていただきます

ここでわたくしから最近思うことを1つ

社員さん パートさん それぞれがそれぞれの現場で

一生懸命に業務にお手伝いに努めてくれていること

会社としても 社長としても

こころから 感謝し こころから 誇りに思っています

だからこそ

皆にも お互いが それぞれの現場に必ずいることを心に置いて

会社が掲げる

【  感謝・ 謙虚・ 思いやりの こころ  】 をもって

この8月からの

お施餓鬼 等 のお手伝いに一生懸命に努めましょう

本日は ○○ホテルの 会長・社長・スタッフの皆様方に

たくさんのご配慮をいただいております

誠にありがとうございます

それでは

大いに 笑って

たくさん 呑んで たくさん 食べて

明日からの糧に致しましょう 


はい。 ジャガジャン

DSC_0130.jpg
 

あれから 1年 ・・・

シャッチョさん BOXには

シャッチョさん宛ての 郵便物であったり

シャッチョさん宛ての FAXであったり

シャッチョさん宛ての ブツであったり ・・・ なんか言い方ちゃいますやん ・・・

って思ったそこの貴方に 貴女 ・・・ こりゃまた  失敬失敬 ・・・

本日の シャッチョさん BOXには ・・・

はい。ジャガジャン ・・・

DSC_0068.jpg

○○○さんからの お葉書です ・・・

シャッチョさん 嬉しかったな ~

シャッチョさん 思わず笑みがあふれ出ちゃったな ~

シャッチョさん こころが ほっこりでいっぱいになったよ ~

○○○さん ドォモありがとね ・・・

彼の こころが ぶれずにまっすぐ 

そう あのとき弊社を訪ねてくれて

当時の常務summerの言葉を

ひとつひとつ自分のものとして しっかり大切にしてくれている

そんな1年前の こころ 想い

シャッチョさんの こころに 届きました Y

彼の 今後 ううん 今からも

ホントに本当にほんとに 素晴らしい人生であるように

餅のロンロン ・・・ 今そこちゃいますやん ・・・ って 突っ込んでくだ鯛 ・・・ ズコッ

勿論

たくさんの壁にもぶつかるでしょう

たくさんの苦しみ悩みもがきに こころが折れそうになるでしょう

そんなときは

2012年 8月 7日 愛してやまないさおりん日記

【 葉書にまつわる ほっこり ほっこりの 巻き ~ 】

を 見てくだ 鯛 ・・・ 間違えたY ・・・

を 見てください

○○○さんと しっかり向き合い

○○○さんの こころに教えをもらった

○○○さんの 未来を応援している

当時常務をしていた専務summer と シャッチョさんが いますからね

未来を 信じて

自分を 信じて

一生懸命 生きて活きて いきましょう

○○○さんが いつまでも 覚えていてくれる

○○○さんが 少しでも 誇りに思ってもらえる

シャッチョさんであり 小倉葬祭社であるよう

更なる精進を重ねて生きます 犬 ~  やっぱ 台無しね ・・・ うふっ ・・・

うふっ  って  ・・・

にしても 当時の日記の 賑やかなこと ・・・ (笑) 

お地蔵summer ・・・ 第4弾 ・・・

はい。ジャガジャン

DSC_0083.jpg

明らかに 

また 

増えとるし ・・・

それも

なまかが ・・・

たくさんの たくさんの ・・・

愛してやまない チーム小倉の社員さん達 パートさん達

雨が降り続ける中

いつも通りの一生懸命の業務に努めてくれて

お疲れsummer & ドォモありがとね

シャッチョさんの おじいちゃまが創業し 父がその想いを継承し

この 小倉葬祭社が歴史を重ねて来ました

昨年 創業70執念 ・・・ 間違えたY 70周年を迎えた 小倉葬祭社

この70年間 ・・・

たくさんのたくさんの ひととのご縁

たくさんのたくさんの 地域の皆様のご支援

たくさんのたくさんの あたたかいお言葉

たくさんたくさんたくさんの 70年間

その中で 地域のかたとのご縁 地域の皆様のためにお役に立てれれば

その想いで 貴重な絆を培ってきた おじいちゃまであり 父の 皆様との大切な大切な関係

その関係を シャッチョさんも 大変ありがたく 

その関係を チーム小倉の社員さん達 パートさん達も 大変ありがたく

こころに思いながら 

地域の皆summerから いつも たくさんのほっこりを いただいております 

昨日のご葬儀 ・・・ 

父からシャッチョさんにと 組内の皆summer 大変可愛がって くださいます

その組内の おひとりのお旅立ちのお手伝いでした

その組内の 受付のお手伝いにいつもいらしてくださってました

いつも はにかみながら ペコりとしてくださる姿が印象的でした

一緒に過ごしてきた 組内の皆様も いろいろな想いがよぎっていることだと思います

さみしい空間の中でも

この組内の皆様の 地元をこころから愛している

その 愛情と誇りが 共有されている そんな

なまか ・・・ 間違えたY ・・・ 台無しね  ・・・

そんな なかま意識 が あたたかさを 運んでくれています

受付をされている 組内の皆summerとお話をさせていただいているなか

ふと

ご遺影に目を向けたとき 

そのご遺影の御方は いつも通りのはにかみながら あたたかく見てくださっているようでした ・・・

こころからの 心からの 合掌を捧げます  



伊佐庭 如矢summer

今の道後の礎を

今の松山の礎を

築いた 御方 ・・・

勿論 それまでの歴史も大切にしながら

時代に応じた

先を見据えた

改革であり 

何よりも

道後を愛していた

その想いから 

すべては かたちとして 残し

そして 

120執念 ・・・ 周年という

新たな歴史を紡いでいった 道後 ・・・

この地に

生まれ育ち 生きている

シャッチョさんは

この地を

こころから 誇りに思う

改めて こころから 誇りに思う

シャッチョさん日記をご覧くださってます

そこの貴方に貴女 ・・・

是非とも

坊っちゃん劇場に いってくだ鯛 ・・・

笑顔からの 

7月にいつの間にか  ・・・

7月にラットいう間  ・・・

なっておりますがな ・・・

愛してやまない小倉葬祭社 さおりん日記をご覧くださってます

そこの貴方に 貴女 ・・・ いかがお過ごしでしょうかっ ・・・

え~ そこっ ・・・ ズコッ

この前 シャッチョさんに 教えてくれた ○○りん

さおりん ・・・ 幸せだから 笑顔になるん痔や~ないんだよ

笑顔が 幸せをもってきてくれるんだよ 

今宵 ・・・

さおりんが愛してやまないあの お二人に

たくさんの

いっぱいの

あふれるくらいの

笑顔が あふれていますように  ・・・

sidetitleプロフィールsidetitle

さおりん

Author:さおりん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ブログ
6566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
225位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle愛してやまない小倉葬祭社!!さおりん日記sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR